スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exceed a time

全国新酒鑑評会の結果が出ましたね。
東北勢の怒涛の金賞ラッシュ・・・ 凄いデス


若手の蔵人が自分らしい表現を形に、様々な日本酒をリリースしております。
醸造技術やバイオテクノロジーの発達、設備の進歩と同時に、ハイレベルな日本酒が綺羅星の様に登場し、
様々な日本酒が溢れております。

お酒は嗜好品です。

飲み方も楽しみ方も十人十色。
その中で、様々なスチュエーション&自分らしいスタイルで飲んでほしいものデス♪ 




そして思うコト。。。










激動している日本酒業界の中で、様々な情報に左右されず、歴史とともに培った酒造りの伝統を
継承し続けている蔵が、宮城・一迫にあります。 

P1050300.jpg

岩山を背負い、ひっそり佇むその蔵元は、昔ながらの南部流酒造り。
杜氏・蔵人・賄いを率いて、酒造りの期間中蔵に泊り込み、昼夜を問わず酒造りに向き合っております。

『金龍』 醸造元、㈱一ノ蔵・金龍蔵 の御紹介です。


P1050299.jpg

身の引き締まる 朝5時。
薄暗く静寂な空間に、光が差し始めます・・・

P1050302.jpg

蔵では甑に火が入り、緊張感のある凛とした空気と蒸しの香りに、
同行した若きサムライ達も、半分寝ていた脳細胞がすっかり活性化しました。

既に、南部杜氏の重鎮 照井杜氏が、笑顔で迎えてくれました。 
P1050316.jpg

様々な時代を経験し、乗り越えてきた風格に、言葉を交わさずとも感じるものがあります。
それでいて、気さくで自然体なのです。。。 

P1050310.jpg 

本来あるべき酒造りを、、、
経験してきた技術や伝統を、、、

次の世代へ受け継ごうとしております。

温厚で優しい語り口に、参加したメンバーもすっかり引き込まれ。。。



terui.jpg
微生物と共に育み、慈しむ様な気持で醪の面を見てました。 



そして、以前も紹介した 素晴らしいニュースがあります。



金龍蔵には、『木桶』があります。
P1050307.jpg
発酵する為に必要な様々な微生物が沁みこみ、蔵の歴史を醸すタイムマシーンの様な存在。
管理等の問題で、今は琺瑯やステンレスが主流となってしまい、桶職人も失われつつあります。

金龍蔵の木桶は、日本唯一の 木桶再生職人『ウッドワーク』さんの桶なのです。【こちら】
P1000064.jpg ちなみに【竹鶴】は3基ありますwow!



P1001201.jpg

『金龍』は純米吟醸のみ醸す蔵元なのですが、
照井杜氏の技術の継承と結晶の証として、『金龍 特別純米 木桶仕込み』 をリリースしました! 

P1001557.jpg

発酵の穏やかさから生まれる、米本来の甘味(旨味)が広がり、優しい余韻。。。
そして、木桶発酵の特徴でもある酸が、お酒の輪郭を引き締めます。  イェイ!

お燗にすると キレ上がりますよ~ ニヤリ

今月・来月の限定酒です。 興味のある方は当店 もしくは、下記の料飲店様までGOです。


とち家
仙台市青葉区国分町2-13-11 ベルサイユビル1F
022-221-3444
18:00~翌3:00
定休:無休

かせ政
仙台市青葉区国分町2-12-16
022-398-7616
17:30~24:00
定休:日曜

食・酒・笑 にこらす
仙台市青葉区大手町7-20
022-211-8226
17:00~23:00
定休:月曜

和醸良酒 ○たけ
仙台市青葉区大町2-4-1 グランドソレイユ大町1F
022-266-5541
17:30~24:00
定休:日曜・祝日


※品切れの場合が御座いますので、事前に御確認下さい


P1050317.jpg

今回同行した、国分町【とち家】さん&照井杜氏。
これからも、心揺さぶるオサケ。。。 そして、お客様に心から楽しんで貰える様
一緒に頑張りましょう!! 



皆さんも、滋味深く心に沁みこむ『金龍』。。。 
是非癒されてみて下さいね♪








NEXT STAGE

師走&大寒が過ぎ、明日仙台もとか?
すっかり冷え込みが厳しくなりました。。。 


草木も眠る深夜3時過ぎ・・・  

また新たな灯火を仙台に・・・という、
アツき思いを胸に秘めた 若きサムライと共に、山形・長井市へ  


前回紹介した、『磐城壽』醸造元、鈴木酒造店へ向かいました。 

P1030953.jpg P1030951.jpg

今回は蔵見学ではなく『ガチ訪問』です。

東日本大震災から、遂にここまでやって来ました。
これまでのストーリーに関して、今回は割愛致しますが、場所が変われど、
地元に愛され続けてきた、『磐城壽』のDNAは、間違いなく山形・長井の地で受け継がれております。
P1030625.jpg  P1030939.jpg
                   前回の仕込み蔵(左写真)  →  改修後の仕込み蔵(右写真) 

前回の訪問から、見違えるほど変化した蔵内に驚き 更なるレベルを目指すべく
妥協を許さない造りに対する姿勢と、それに伴う今まで以上に拘った設備投資に、並々ならぬ覚悟を感じました。

そして、酒を醸せる喜びに満ち溢れた杜氏(大介君)の笑顔に、胸がイッパイになった。。。

決して後ろを振り向かず、いち早く新酒を届けたい(特に浪江町の皆様)という使命を背負い
全身全霊でお酒を醸しております。
P1030937.jpg 待望の新酒は 12月半ばを予定中。。。


今までの『磐城壽らしさ』そして、拘りの酒造りは、そのまま受け継がれております 
P1030933.jpg P1030981.jpg P1030962.jpg

和釜にて『外硬内軟』な蒸米を目指す為に アルファ化されている時に行う『抜け掛け』
麹屋さんは、鈴木兄弟の両奥様が担当。 女性らしい細やかで綺麗な仕事(種切り)を行います
酒母は、専用の部屋で培養するのではなく、そのまま仕込み蔵にて (特注の酒母タンク)


そして、鈴木酒造店で 絶対譲れない大事な要である・・・

最強の最終兵器 近日入庫デス ニヤリ
P1030992.jpg 最終兵器の専用部屋 ヒントは天井の凹み・・・です。

まだまだ大介君らしい、様々な創意工夫が随所にあります。
今回はこの編で・・・


P1040001.jpg P1040018.jpg

同行した若きサムライも、直接体を動かし、見るだけでなく触れる事によって感じる大切さ、
そして、ココロの中にオサケに対する『愛』を感じたのではないでしょうか。。。

P1030947.jpg P1040010.jpg
杜氏:鈴木大介氏を中心とした 『和醸良酒』の酒造り。。。
皆様も、是非応援してくださいね 

P1040022.jpg また来ますね~




******************************************************************************************************


今月発刊の地方誌 『仙台Kappo(闊歩)』にて

当店がお世話になっている飲食店 
『旬肴酒の香・かせ政』 『地鶏炭火焼・日向』さんが登場しております! 
(そして、私も登場しております 笑 )

kappo.jpg

地元書店orアマゾン にてどうぞ! 






decision(決心)

仙台市民憩いの山 泉ヶ岳が初冠雪!
遂に冬将軍到来です 

お燗酒も最高の季節。。。ですね~   year!


前回紹介した【焼酎紀行】
今回も様々な出会いに感謝!の4日間でした。

垂水から鹿児島へフェリーでの移動中。
名物のうどんを食しながら、ここから見る桜島が大好きな私。。。


と・・・


P1001224.jpg   『大爆発!!


何度も、足を運びましたが、桜島の噴火は初めての経験・・・
この噴火(火山灰)を鹿児島市民は、自然と生活の一部に受け入れている姿に驚きました。 
(各町内に、堆積した火山灰を捨てる専用の集荷所があったり)

今回も波瀾万丈な九州ツアー

またいつか、『ゆる~く』紹介しますね。 どうか気長にお待ち下さい 



*********************************************************************


11月の初め
同日に、2つの蔵元から手紙が届きました・・・

P1001250.jpg

東日本大震災から、8ヶ月を過ぎ。

あの日から、決して後ろを振り向かず、我武者羅に前へ進んだ両雄が、
遂に復活の狼煙を上げました。

酒質にそれぞれ違いはあれど、酒造りに一切妥協せず、
更なるステージへ向う頼もしい蔵元です。 


今回は、少し長くなりますが、どうかお付き合い下さい。 






まずは、宮城の新星☆ 新澤醸造店・川崎蔵 デス!

P1030643.jpg クリーンな仕込み蔵に感動  

完璧な空調管理と仕込みタンクに巻かれる冷却装置(ジャケット)から、
今まで以上に厳密なモロミ管理が出来る事を実感。。。

P1030657.jpg ウッドソン洗米機(これで糠取りも完璧!

P1030645.jpg P1030652.jpg P1030649.jpg

ハイパワーな『蒸気釜』  完全断熱&プレートヒーターによる厳密な温湿管理が可能な『麹室』  そして『酒母室』


逆境から、更なる酒質向上を目指し続けてきた新澤君。
(前回は、自家精米の為に、精米機を導入)

そして今回も、様々な葛藤の中、決して後ろを振り向かない姿に、
嬉しい気持でイッパイだった・・・

『更なるクオリティを目指す為に、川崎町へ仕込み蔵を移動します』 という言葉。

設備も施設もまだまだ沢山のこだわりがあります・・・

しかしそれ以上に、ここには再起をかけた、新澤君始め蔵人の覚悟があります。

初めて蔵を拝見し、武者震いしたのは自分だけでしょうか?

P1030647.jpg モダンでお洒落

まもなく登場する、川崎蔵から生まれる新酒を是非飲んでみて下さい!
今まで以上のクオリティーを持ったオサケになる事間違いなし!デス  


次なるステージへ・・・

今後が非常に楽しみです。



これからも、新澤醸造店を応援して下さいね。





******************************************************************



そして、自分が大好きなお酒。

福島県浪江町・請戸に蔵を構える、 『磐城壽』『土耕ん醸』 醸造元 鈴木酒造店。
【海の男酒】として漁師の喉を潤し、地元に愛され続けてきた地酒。

ご存知の通り、浪江町は、福島原発10km圏内による、完全避難地域。

いつ戻れるのか解らないと言われ、アイデンティティーすら無くなりそうになる中、
この町を忘れない為に・・・

様々な思いを背負い、【磐城壽】は復活しました。

P1030625.jpg 改装中の蔵内。

福島浪江町より新たな環境を求め、23BYの酒造りスタートです。

どうしても、年内中に酒造りを何とか行いたい・・・
そして、全国に避難している浪江町の皆様に【磐城壽】を飲んで貰いたい。 

その為に、酒造りを行える場所を探し、山形・長井市にて、新星☆磐城壽を醸しております。

P1030617.jpg P1030629.jpg 杜氏:鈴木大介氏                                                                                       
水脈が豊富な事、蔵の規模も大体同じ位である事。
そして、鈴木酒造店の酒造りで、重要なファクターである【麹造り】
P1030633.jpg P1030636.jpg

麹室&枯らし場 とも、出来栄えの良さに一安心

P1030614.jpg

使い勝手が違う蔵元で全く違う環境の中、自分達の納得できる酒造りを必死で行っております。
ゼロからではなくマイナスからのスタートで、ここまで頑張ってきました。

しかしながら、補助等に関する問題は全く前に進んでおりません。

P1030639.jpg 兄弟で仕込み蔵を一から造り直し



そして、少しでも力になれれば・・・ と思い、有志による 磐城壽を応援するチャリティーを開始しました。

壽徳利 磐城壽 オリジナル徳利&平盃のセット

こちらのセット(1,600円)にて御購入頂き、この材料費以外を支援金として蔵元へ寄付するシステム。

当店にて販売しております。
御賛同頂き、応援して頂ければ幸いです。


詳しい内容は、 【こちら】 から御覧下さい。



更なる支援の輪が広がる様に・・・









美酒王国・秋田

朝晩の冷え込みに すっかり秋モード。

連日の猛暑はいつのことやら・・・  『ひやおろし』もかなり出揃いました。
逆に、蔵元でも売り切れの商品が出始め、いい加減紹介しなければいけないのですが・・・ スミマセン


少し秋を感じ始めた今月始め、『大手町・にこらす』夫妻と、秋田遠征へ向かいました。 
にこらす夫妻とは、埼玉遠征以来2回目です♪

P1030367.jpg

秋田県美郷町六郷   奥羽山脈のふもとにある、名水100選にも指定された水の町。
水質は口当たりの柔らかい『軟水系』  そして、各家庭もこの地下水を汲み上げて生活しているとの事。



料理も お風呂も そしてトイレも!

羨ましい限りです・・・


P1030319.jpg 杜氏&当主 である 栗林氏

『春霞』醸造元、栗林酒造店。

初めての出会いは、5年前の東京で行われたイベントから。
地元の酒造好適米『美郷錦』を中心に、湧き上がる軟水系の仕込み水で じっくり醸す 滋味深い味わい。。。

派手さはなくとも、旨味を程よい酸が輪郭を作り、お燗にすると解放されたかの様に、
味わいが広がるオサケ。

それだけに、イメージする料理が広がるのです。

P1030325.jpg

物静かな印象ながら、お酒に対する考え方や思いをアツく語る姿を拝見し、
非常に有意義な酒談義でした。


haru  P1030357.jpg

左より
・春霞 特別純米酒 【山田錦 2008】 1800ml:3,150円
・春霞 山廃純米酒 【貴酬(きしゅう)】 1800ml:2,625円
・春霞 特別純米酒 6号酵母仕込 【栗林(りつりん)】 1800ml:2,730円 
・春霞 純米吟醸酒 美郷錦仕込 【緑ラベル】 1800ml:3,150円  
・春霞 純米吟醸酒 美山錦仕込 【青ラベル】 1800ml:2,730円

P1030363.jpg もちろん『春霞』のポテンシャルはで!


当店でも、今月より販売開始です。 
もちろん【大手町・にこらす】でも、取り扱っておりますので、是非!


栗林酒造店と言うだけに、裏庭を回れば・・・

P1030352.jpg P1030354.jpg 立派な栗の木デス。


栗林さん 有難う御座いました!

P1030366.jpg 今度は仙台ですよ~ 







そして、程よく南下し横手市へ・・・



いつもお世話になっている、秋田・横手の銘酒 『阿櫻』醸造元 阿桜酒造へ!

P1030398.jpg 冬場になると、入り口に大きな『かまくら』が出来ます!

秋田・横手は 『山内杜氏』の里。
books.jpg 
藤田千恵子氏の『美酒の設計』にも、山内杜氏のストーリーが登場しております。

秋田の気候風土を生かした 秋田流寒仕込み(長期低温発酵)によって生まれる、
ふくらみのある・きめ細かな味わいが特徴で、昔から受け継がれた技術と、より良い酒造りの為に
お互いに研鑽しながら酒質向上を目指し、時には今までに無い手法で酒造りを行ってみたり・・・と

『阿櫻』杜氏である照井俊夫氏(山内杜氏)は、正に『温故知新』な酒造りを行う方です。 


P1030388.jpg 照井杜氏に熱心に質問する 『にこらす』小原氏


瑞々しい果実を口に含んだ様な、ジューシーでボリューム感のある味わいが特徴のオサケですが・・・
P1030394.jpg

ひと夏越え 熟度も増したオサケに新たな発見が! ニヤリ

常温での利き酒で、すぐにお燗したくなるオサケ・・・ 
                    と同時に食べたい料理が沢山浮かび。。。 

『これは!』と思って、営業・稲上さんに尋ねた所、やはりまだ製品化されていませんでした。  イヤーン




当店では、いよいよ来月リリースです。 

hachimaru-174x300.jpg miyama-komachi-172x300.jpg
左から
・阿櫻 純米8割磨き 美郷錦 1800ml 2,100円
・阿櫻 純米8割磨き 美山錦 1800ml 2,100円
・阿櫻 特別純米酒  秋田酒こまち 1800ml 2,380円
・阿櫻 特別純米酒  秋田美山錦  1800ml 2,380円


これからも進化を続ける 『阿櫻』も是非応援して下さいね! 

P1030399.jpg

照井杜氏&稲上さん 有難う御座いました~ 






*******************************************************************


横手と言えば 『横手やきそば』

丁度この日は、やきそば四天王決定戦のイベントを行っており、昼食は各店舗の
横手やきそば 食べ比べとなりました。 

P1030369.jpg P1030373.jpg 青空の下 楽しい昼食デス♪

P1030376.jpg もちろん投票は 割り箸で! (笑)


横手出身『大手町・にこらす』さんの 本場・横手やきそば も進化中です。。。
詳しくは【こちら】


食欲の秋です。  美味しい料理と 旨い燗酒を飲みましょ~ 






夏田冬蔵

昨日あたりから急に秋の気配・・・
日本酒も春先の『しぼりたて』から熟成という時空を経て『ひやおろし』へと。。。 
呑ん兵衛にはたまらない季節デス (笑) 

来月から、続々とリリースしますよ! 
お楽しみに♪




そして、前回御紹介した、生産農家・蔵元・飲食店がコラボした異酒格闘技戦

『純米燗酒の会』の御案内デス!


EPSON009.jpg



『蔵王森の回廊』のメンバーである 【BLOG】 生産農家さんの食材を中心に

6人の若き料理人が、それぞれの個性を生かして手掛ける、入魂の一品料理と共に、
それを引き立たせる名脇役こそが、今回のゲスト蔵元である、北摂の銘酒 『秋鹿』です! 

言葉だけでは伝わらない、それぞれの熱き思いを 食べて飲んで感じて下さい 

主役はあなたの五感・・・ そして第六燗 デス!! 



先着40名となります、 参加希望の方はメールにて先行予約を受け付けております。
ikedasaketen@rose.odn.ne.jp まで 






今年もお邪魔しました 

P1020528.jpg 初登場! 『スーパー秋鹿号』

大阪の北側、兵庫との県境にある『能勢』に蔵を構え、酒米造りには欠かせない、
昼と夜の寒暖の差がある土地の利を生かし、無農薬栽培によって手掛けた『山田錦』を中心に、
米造りから酒造りまでを行う『一貫造り』の蔵元。

P1020532.jpg 今回ゲストで登場する 『奥裕明 専務』 です

醸造アルコールを一切添加しない酒造り=全量純米酒宣言を行い、発酵する事によって生まれる
純米酒のポテンシャルを絶妙な燗加減で・・・

P1020584.jpg 今年の発酵も旺盛で嬉しい限り。。。 


今回料理人として参加する『真海菜食・しん』も、秋鹿初訪問。。。

P1020585.jpg 奥専務の話を真剣に聞く 根本氏。



会当日は、米造りから真剣に向き合う、奥専務の熱き思いを感じて下さいね。 

P1020553.jpg 親子鷹で手掛ける、セクシーな麹造り 


皆さん 9/18に逢いましょう! 

P1020592.jpg お待ちしております 











リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。