スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成政酒造①

先週土曜日、富山県にある成政酒造にお邪魔しました。。。
朝4時に仙台を出発したのですが、SWの初日という事で、東北道下りは既に渋滞の気配・・・
約6時間半で到着です ♪
P1000020.jpg
黒部の山々と日本海から吹く風が、最高の酒米を育み、既に半分以上が稲刈りを行っておりました。
宮城ではなかなかお目にかかれない『玉栄』や『雄山錦』etcを酒米に、30代の若き杜氏とキレ者の
営業・中村君が、自分達が目指すコンセプトをぶつけ合いながら、成長している蔵元です。

自分が初めて口にしなのが、今から3年前・・・
『茶色くて硬くて渋い』酒ながら、非常に将来性を感じさせ、長い目で見守ってきました。
今回、改めて利き酒した純米酒も、16BYの常温熟成酒でありながら、舌の上にコロコロ転がる、
珠玉の液体に、鮮明な料理のイメージが思い浮かんだのは言うまでもありませんでした。。。

もちろん燗酒にすれば・・・  というより、燗酒にしないとこのお酒の良さは伝わりませんっ
割水燗でも、燗冷ましでも、様々な顔を見せ、食中酒としての受け口の広さを感じさせてくれます。

蔵元と真剣にお互いの方向性をディスカッションし、近いうちにお酒の御紹介をしたいと思います。
また仙台に燗酒爆弾投下です。 (笑)

それと大事な事がもう一つ・・・
地元の食文化と酒文化を体感する事です。 (^^
営業の中村さんと一緒に、夜の繁華街へ ♪
こちらの話は、②で・・・

  

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。