スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島遠征 其の五

プロペラ機もバタバタ言いながら無事着陸。。。  最終目的地『喜界島』へ到着です ♪ 
P1000176.jpg
隆起サンゴで出来た島。。。 信号機は1機のみ・・・ 
風は優しく穏やかな空気が流れ、今回で3回目になりますが、心の底から癒される島です。 
お世話になっている、黒糖焼酎【朝日】醸造元 朝日酒造様にお邪魔しました。

到着した時は、丁度太陽が沈む時間帯で
P1000178.jpg
東シナ海の地平線に沈む真っ赤な夕日は、地球が丸い事を感じさせるくらい壮大な光景です。
空港では喜禎夫妻と朝日ちゃんがお迎えに来て頂き、久しぶりの再会です。 
実は、喜禎夫妻&朝日ちゃんも、今年は何と2回も仙台にお越し頂きました。。。
造り手と売り手の立場を越え、同じ目線でお互いの方向性を確認しながら、一緒に一歩づつ前に進む事が
その先にある大切な関係を築きあげていく事であると思っております。
それは単なる商品の流通だけの関係ではなく、そこに血液が流れている関係でありたいと
強く感じております。

そして、その日の夜の宴会は、恒例であり、史上最強の郷土料理を紹介する事となります・・・ 
前回の奄美大島では【鶏】でしたが、喜界島は【山羊】です!
P1000181.jpg
手始めに【山羊の刺身】です・・・ 
最初見た時は、ここは日本なのか!? と疑う位驚きました・・・
更に、雄と雌では匂(臭)いが全然違う。 最初に食した時、自分はたまたま雌だったので、
まだでしたが、雄だったら・・・かも。。。  ^^;
醤油もコクのある甘口で、すりおろしニンニクと合わせ、山羊刺しをペロリ。  ちょっとした臭みが、
朝日のお湯割りを合わせる事によって最高の相性になんですぅぅぅぅ (感泣) 
その土地の食文化と酒文化の密接な関係を、強く感じた組み合わせの一つです。

そして今回始めてのメニュー
P1000183.jpg
【山羊の炒め物】  山羊のあらゆる内臓と『血』を使って炒めた、喜界島のソウルフード!
もう最強でしょう・・・  挑戦者求む!!

他にも、島豆腐や油そば 刺身etc  どれも、朝日のお湯割りと最高の相性デス 
一緒に盃を交わした蔵人様も、気心の知れた皆様で、時を忘れ、真剣な話もあれば大笑いしたり 
最高に楽しい一夜でした ♪

翌日は、仕込み前の蔵を案内頂き
P1000192.jpg←写真の主は杜氏でもある喜禎さん

熟成している朝日を頂戴し
P1000197.jpg
今後の造りの方向性や、面白いコンセプトの黒糖焼酎を試飲したり・・・と
短いながらも充実した訪問でした。

空港脇にある海を眺めて、奄美の美しい風景を焼きつけ
P1000186.jpg

空港内にある喫茶店で、『サトウキビジュース』を堪能し
P1000201.jpg←実際、裏でオバチャンがサトウキビを絞り機に入れていた100%ジュース!

喜界島を後にするのでした~   


これにて、鹿児島遠征は終了。
お世話になった蔵元様・飲食店さま 喜禎夫妻&蔵人様  本当お世話になりました  m(_ _)m
朝日ちゃんまた仙台に来てけさい~ん。。。


  ありがとさまりょ~た   ♪ 
  (ありがとうございました)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。