スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島遠征 其の弐

仙台空港より、大阪伊丹経由で約3時間。。。
鹿児島空港到着です ♪

鹿児島は芋焼酎文化で、
P1000156.jpg←原料芋であるコガネセンガン

今回訪問した蔵元も蒸しあがりのお芋の甘い芳香が蔵内を漂い・・・顔-しみじみ
丁度、蒸芋を砕き、櫂入れしながらモロミに投入する(2次掛け)という作業の最中でした。。。
P1000141.jpg
最初は楽に攪拌出来ても、投入される蒸芋の量が多くなりにつれ、その分抵抗も大きくなり
それは大変な作業です。。。

あたりまえの事を丁寧に・・・  これが、長い間愛される所以であり、蔵人もそれぞれが持つ
焼酎造りに対する思いを、造りという形で表現しております。
P1000145.jpg←発酵中の2次モロミ
それは、酒造り以外の部分でも、蔵人それぞれが思う、考え方をしっかりと持っている為、
常に向上心を持った顔=目をしており、口で語らずとも肌で感じる事が沢山ありました。

毎年伺う度に、酒造りのみならず、蔵全体のクオリティーの高さに感動し、自分自身も様々な
思いを胸に刻みながら、これからも頑張る所存です。
これ以上紹介出来ないのが残念なのですが、その日の夜は、鹿児島の繁華街【天文館】に移動し
食文化と酒文化の勉強です ♪

こちらは、其の参で・・・





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。