スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南薩摩の不男。。

師走に入り、いよいよラストスパート!

今年も各蔵から続々と新たな息吹が届いております。

フレッシュな『しぼりたて』
ちょっとリッチに『純米大吟醸』
もちろん『純米燗酒』も最高!

年末は12月31日まで
年始は1月4日から(5日は休み)
  デス!

美味しい純米酒を年越しにどうぞ♪


そして、本格焼酎も負けてませんっ!

佐多開聞岳
(仕込場から見える最高の風景)

鹿児島の南端、南薩摩市。
茶畑と開聞岳を望む、風光明媚でゆっくりとした時間が流れる土地。

P1060967.jpg 蔵の前にある無人駅が素敵デス 


門を潜ると、蔦の葉と一体化された煙突がシンボル 

P1060942.jpg すっかり樹木!

南薩摩の風土が育んだ、シンボル的蔵元。
『佐多宗二商店』の御紹介です。 



温暖な気候と心地よい風・・・
微生物が育む静寂な蔵。。。

今回同行した井戸沼社長も、日本酒蔵にはない独特の雰囲気に馴染み始めマシタ。

P1060927.jpg 発酵タンク内では生命の息吹

P1060908.jpg

現場を見る事、そして五感で感じる事。。。
まずは、焼酎蔵からアウエーの洗礼 芋切り

P1060913.jpg 素早く丁寧に

そして、中原取締役には、蔵内を懇切丁寧に御案内頂きました(感謝!)

P1060923.jpg
P1060924.jpgP1060929.jpg

 甕壷にて2次発酵
 三角棚にて、米麹造り
 各種揃った、個性豊かな蒸留器

微生物が健全に発酵する為、徹底した綺麗な蔵。
社員の皆様の挨拶も素晴らしく、良き焼酎は良き環境から・・・

P1060933.jpg 工具もこの通りです。

P1060931.jpg

南薩摩の風土を生かした焼酎造り。
地元契約の農家さんと共に、芋本来の旨味を追求し、共に支えあう事の大切さ。
中原取締役のアツい思いが伝わった、有意義な時間でした。


ココロ揺さぶられる情熱の本格焼酎たち・・・
是非、感じてみて下さい。

IMG_20131205_211009.jpg IMG_20131223_200945.jpg

写真左から
・晴耕雨讀(芋&米)
・晴耕雨讀(黒麹)
・不二才 醅(無濾過の意)
・不二才(ブニセ)
・亀寿の明り(白麹)
・角玉(黒麹)







そして、日本で一番最初(1958年)に『梅酒(角玉梅酒)』を輸出した事でも有名な蔵。

P1060945.jpg 梅酒のタンク(浮いているのは梅の実)

そして、漬け込んだ後の梅の実、
今までは、ほとんどが廃棄物として処分されていた・・・

ワインを醸造する為に、残ったブドウの搾りかすを使って蒸留した【グラッパ】がある様に
これを梅の実でも出来ないか!?と云う発想から生まれた、新たな試み。

自称:蒸留器オタクの中原取締役の血が騒ぐ、南イタリアの風が此処にあります。

P1060966.jpg 独特の雰囲気にココロ踊ります

中に入ると、ここは蒸留器の博物館!?

P1060949.jpgP1060954.jpgP1060964.jpg

お国柄な特徴(形状)を感じる
左から、イタリア→ドイツ→フランス の各蒸留器。

P1060952.jpg P1060955.jpg 樫樽にて熟成の時空へ

各国から輸入し、全部自分一人で組み立てたと言う・・・凄いの一言!
梅の実を砕き、こだわりの蒸留器で生まれた、こだわりのスピリッツ&梅酒も、
佐多宗二商店のフラッグシップ。イェイ!

IMG_20131223_200859.jpg

写真左から
・刀スピリッツ
・刀梅酒
・角玉梅酒 健美麗
・角玉梅酒



P1060898.jpg 蔵の社訓でもある 『絆』 『甕』 『耕』 の3文字

様々な恩恵と情熱によって生まれた、佐多宗二商店の本格焼酎は
地元の風土をそのまま凝縮した、農産物加工品なのです。

P1060968.jpg

ブームなど、一過性なお酒ではなく、丁寧にじっくりと時間を掛け、手間隙惜しまず
情熱が詰まったお酒。。。
本来あるべき食文化に溶け込んだお酒の存在を、改めて感じさせてくれる、オススメの銘酒です☆

前夜からお付き合い頂いた中原取締役、有難う御座いました!
(井戸沼社長 お疲れ様でした♪)





そして御案内☆ 

12月28日に発刊される、地元仙台の情報誌【りらく】にて
仙台の飲食シーンをアツくする 噂の料飲店が続々登場の噂・・・ニヤリ

中華と純米酒の店。。。?
シャレオツな日本酒BARの店。。。?
純米で迎え撃つモダンな焼鳥やさん。。。?

等々、若き個性的なお店が輝いております


Check It Out デス




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。