スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24BY忘備録。(西日本編)

九州の本格焼酎蔵巡りから無事帰還 
今回も様々な出会いと有意義な時間。。。
モチベーションの4日間でした。

そして新たにお付き合いする蔵元様が増えました。
最高の環境と醸し人・・・ ココロ揺さぶる本格焼酎です。
東北初お目見えの本格焼酎、近々致しますね。 お楽しみに~

もう一つの素晴らしき事。

真剣に料理とお酒に向き合い、その先のお客様へ最高のサービスを・・・
その為に、酒造りの現場へ積極的に足を運ぶ、アツき料飲店のリーダー。
初上陸デス。

IMG_20130929_094232.jpg

『ウェルカム トゥ ザ ムーン』『ゴールデンモッツ』『シマウマ酒店』で御馴染み 【㈱サティスファクション】井戸沼社長デス

この日は台風20号のウネリが入り 最高のグランドスウェル
波乱な予感・・・の 本格焼酎ツアー は、また後ほどのお楽しみ。。。

井戸沼社長のブログ 【こちら】 にて是非覗いてみてください♪










****************************************************


今回は、個性派揃いの西日本エリア 純米酒蔵巡り 

もちろん西日本でも雪は降る・・・
峠越えの蔵巡り。。。なので、レンタカーにスタットレスタイヤは絶対条件

でも、西日本のレンタカーはスタットレスタイヤは、ほとんど無し・・・

だったら、自分の車でGO!です。

IMG_20130316_120912.jpg IMG_20130319_181300.jpg

という事で、仙台→名古屋 のカーフェリーに乗っての遠征。



関西エリアの酒蔵巡りスタートは、滋賀の銘酒
『大治郎』醸造元、畑酒造から。

P1060694.jpg P1060695.jpg

発酵日数は短く、その分旺盛に・・・
正に、米のエキスが濃縮した様な純米酒。
造り手の顔が見える酒。。。
畑杜氏の、温厚で優しい性格が、このオサケに現れております。
お燗で旨味が一層広がり、どんな料理にも受け入れてくれる、懐の広いお酒です。




続いて『一貫造り』で御馴染み。 『秋鹿』醸造元、秋鹿酒造。

P1060620.jpg IMG_20130317_170557.jpg

完全無農薬栽培を実践する、眼下に広がる最高の田んぼ。。。
酒造りに関わる副産物を土に返す『循環農法』を実践。
(手前の山は、籾殻と酒粕を発酵した堆肥)
最高の環境で醸す銘酒は、大阪の奥深い山奥で、酒造りは米造り、
そして米造りは土造り の大切さを感じる蔵元です。

奥専務&奥様の素敵な笑顔に癒されマス。



兵庫へ移動。。。
但馬の全量純米蔵 『竹泉』醸造元、田治米合名です。

P1060659.jpg P1060644.jpg

『一粒の米に無限の力あり』 米本来の旨味を追求し、料理と共に愉しむ純米酒。
協会7号酵母と云う、発酵力旺盛な微生物の力を借り、味を乗せ酸で切る酒質は、
熟成の時空で艶やかに変化。(ちなみに全量7号酵母仕込み)
小生がセレクト&火入れした、オリジナル純米酒 『秒殺火入れ』は、
アサイチから夕方まで火入れ作業を行い、MAX20c/sしか出来ない、限定酒です。

田治米社長、仙台料飲店巡り有難う御座いました!



清酒文化発祥の地 奈良より、3蔵の訪問

SANY0098.jpg SANY0110.jpg

発酵力旺盛な7号酵母を、低温管理で長期醪発酵にて醸す 『風の森』醸造元、油長酒造。
清酒発祥の地のプライドを、奈良の酒造好適米(秋津穂 露葉風 キヌヒカリ)復活で表現。
風の森峠を流れる、清々しい風が心地よく、酒米栽培には最高の環境。
造りは、画期的な醸造設備を整え、オリジナルの圧搾方法【笊籬採り】を開発。
温故知新の酒造りを行っております。


P1060666.jpg P1060672.jpg

白い誘惑『生酛のどぶ』『睡龍』醸造元、久保本家酒造。
天然の乳酸菌を取り込む環境造り、日本古来の酒造り【生酛造り】。
大宇陀の歴史ある蔵元で醸す神聖な空気感・・・
冷~燗まで様々な顔を出し、和~洋まで様々料理に寄り添う懐の広さ。。。
加藤杜氏を中心に、蔵人は真剣に米と向き合い、最高の生酛を醸す為、
身体を削りながら、酛摺りを行っております。


SANY0124.jpg SANY0139.jpg

『篠峯』醸造元、千代酒造。
低価格系 熟成系 生酛系 吟醸系 そしてどぶろくも醸す蔵元。
どのタイプも食中酒として欠かせない、重要なファクターである『酸』の個性があり
様々なシュチュエーションで合わせていける万能酒。
仙台で食中酒の意識を提案する、切り込み隊長的な存在。

懐の広さは、堺氏の発想力や利き酒能力の高さから生まれマス。



最後は忍者の里・伊賀(三重)の刺客。

様々な苦難を乗り越え、ゼロから純米酒への方向転換。
そして、全量純米酒の先駆け的蔵元、『るみ子の酒』『英』『妙の華』醸造元 森喜酒造場。

P1060690.jpg P1060691.jpg

今も昔も変わらない、瓶詰め機(レイメイ)で、一本一本手作業での瓶詰め。。。
火入れした純米酒の余熱が・・・  理恵おやっさん(失礼!)の手際の良さ。
そして、慈しむ様に醪を見つめる るみ子さん。。。
まるで我が子の様です。 







P1060678.jpg 久保本家酒造にて『益益繁盛どぶ』を持って


まだまだ紹介したい蔵元はあるのですが、今回はここまで。。。
(23BYで伺った、辨天娘さん 奥播磨さん 玉川さん ゴメンナサイ!)
次回は、ホームエリアでもある、東日本編です。 

いつものマイペース・・・なので、暫く雄町下さい。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。