スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストスパート!

一ヶ月以上のご無沙汰・・・ 大変申し訳ありません。。。 
師走に入り、既に折り返し地点、料飲店サマにとって一番の繁忙期。
同時に、酒屋にとっても一番忙しく、年末に向ってラストスパートの時期でもあります。

【年末年始は】
12/31 18:00迄 通常営業
1/4   9:00より スタート致します


年越しに、純米酒を飲みましょう! 皆さま雄町しております♪ 


ブログのお休み中には、様々な出会いが・・・



今回も恒例の九州本格焼酎蔵☆弾丸ツアーや
P1060117.jpg 鹿児島の父 当日も噴火『桜島』
P1060119.jpg 鹿児島の母 雄大な茶畑と『開聞岳』


そして、今回の『蒸しの匂いを求める旅。。。』

本格焼酎を醸す各蔵は、真剣に理想の酒造りを追い求めております。
そして、今までとは違った【風】を感じた次第です。

P1060168.jpg 発行中の芋焼酎の醪。

今回は9蔵の訪問。。。  アツき出会いが沢山ありました。
そして、各県(福岡・熊本・鹿児島・宮崎)の食文化と共に、本格焼酎を楽しむ事。 イェイ!
今年も堪能致しました♪

あまりにもネタがあり過ぎるのですが・・・  また落ち着いたら紹介しますね。






そして、日本酒蔵も負けてはいませんっ! 
仙台の飲食シーンを盛り上げる、アツき三銃士と共に、恒例の『大人の遠足』です。 

P1060206.jpgP1060214.jpgP1060218.jpg
決して給食のおばちゃんではありません・・・ (笑)

集合 『磐城壽』醸造元、鈴木酒造店・長井蔵にて

仕事後の丑三つ時に仙台を出発 
雪山を越え、早朝営業の温泉公衆浴場へ。。。

一睡もせず、皆さん真剣に米と向き合いました・・・
酒造りの魂を肌で感じた者は、いざ現場に戻った時、更なる成長を感じます。

酒造りは蔵人が責任を持って行うものであり、自分達が入ってはいけない事かもしれません・・・
ただ、蔵元が責任を持って受け入れてくれた時、こちらも真剣にお手伝いさせて頂いております。
『酒造り体験』という認識では失礼千万。  皆さん一生懸命デス 

仙台の飲食シーンをアツくする2店。

【和醸良酒 〇たけ】石山氏 & 【五つぼ・東口店】小枝氏

皆さんも応援して下さいね。 


鈴木社長・荘司君 色々と有難うございました! (感謝)







そして、仙台の飲食を盛り上げる新たな灯火が誕生!
前回は【国分町北エリア】の紹介でしたが、今回は【晩翠通りライン】が面白い!


・宮崎の郷土料理と宮城の食のコラボ。 【地鶏炭火焼き・日向】 

・若夫婦と元気なスタッフがおもてなし 【居酒屋・ちょーちょ】 

・大町の隠れた名店、確かな仕事人   【白雪】 

どれも、以前紹介した事のある、素晴らしき料飲店さん。。。

どのお店も、それぞれの料理スタイルは違えど、個性的なオサケ達と真剣に向き合い
共に楽しんでもらえる様、ひと手間を惜しまないオススメの料飲店さんです。


そして、先月晩翠通りにOPENした、今までにないモツ料理の店
その名も。。。。

【☆ゴールデンモッツ☆】さんです!!

20121215_204408.jpg
ゴールデンモッツ
仙台市青葉区国分町2-8-12 国分町Kビル1F
022-721-7556
16:00~23:30
定休:日曜



もつ料理の新たなスタイルを提案する、今までにないオミセ。
もつ料理=大衆酒場 のイメージから、女性でも気軽に楽しめる素敵な店構え

居心地の良い空間とは・・・

様々な要素がありますが、入った瞬間ビシビシと感じるのです。 wow!
色々な所に足を運び、自分達の理想の店造りを形にした、計算された空間造りに、
すっかりペースを握られます。。。

もちろん料理も・・・ ニヤリ 

20121206_204147.jpg20121206_204424.jpg20121206_204852.jpg

いい店はお通しで勝負が決まる。。。

青唐辛子とみょうが&バジルソースにピンクペッパーのソース 
清涼感のある香辛料には 【いづみ橋】で迎え打ち

キムチ×ラー油のコラボ その名も 『キャベツサラダきむら君』には 
ゴールデンモッツのフラッグシップ酒 【レモンハイ】で

自慢の串焼きは、パワー系ではなく、女性にも優しい味付け。。。 
もちろん『純米の貴公子』が醸す【萩の鶴】が受け止めマス



丸ごと”一頭買い”だからこそ出来る、鮮度の良さ。
『もつ煮』はもちろんの事、『レバー料理』が凄いの一言!

20121206_204824.jpg20121206_205159.jpg20121206_211526.jpg

正直、レバーが苦手だった私。
モサモサした食感と匂いがダメでした・・・  

モッツさんで、レバー料理に開眼! 
新鮮だからこそ出来る、レアな焼き加減とプリプリとした食感。。。

そして、どの料理にもひと手間の隠し味が憎いのです。 

もつ煮には、デミグラス
レバテキには、バターソース&酸のアクセント
レバカツサルサには、レア揚げしたレバーに、トマトベースのサルサソース


どれも、純米燗との相性抜群なシロモノばかり・・・ 

純米酒は2種類。
無くなり次第、新たな純米酒を自分がセレクトしお届けする、
【一期一会な純米酒メニュー】となっております。

どの銘柄が出るのか・・・ 暖簾をくぐってからのお楽しみ♪

井戸沼社長&真壁さんの 最高の笑顔で皆さんを雄町しております 

20121206_215059.jpg 皆さんも是非足を運んでみて下さいね!








晩翠エリアと国分町の交差点
仙台の純米燗シーンを牽引してきた、『旬肴炭の香 かせ政』

20121212_172817.jpg 趣のあるカウンターの目の前にライブ感のある焼き場

旬肴炭の香 かせ政
仙台市青葉区国分町2-12-16
022-398-7616
17:30~24:00
定休:日曜


七ヶ宿の白炭を使用し、変幻自在な炭火焼料理の数々。。。
季節感のある、旬で鮮度抜群の素材を仕入れ、その食感と旨味のバランスを見極めた焼き加減は絶品。

焼くことによって生まれる、凝縮された旨味を、多種多様な純米燗&本格焼酎が迎え撃つ、
当店一押しの料飲店さんデス。

20121212_172747.jpg 不動の純米酒。

20121212_173122.jpg 情熱の本格焼酎。



『純米燗に興味があっても・・・』 と思っている皆さん。
寒さが一層厳しいこの季節、純米燗でココロも温まりませんか?




という事で・・・・・


明日から年末までのお試し企画

純米燗酒☆ゲリライベント  を行いマス!!


明日から年末まで、『旬肴炭の香 かせ政』にて
安室親方へ合言葉で。。。

『純米燗に溺れたい・・・

と言えば、その日の『きまぐれ一品料理』 か 『きまぐれ純米燗一杯』 サービス! Year!


忘年会シーズン真っ只中。 
料理と共に純米燗酒の愉しみを感じてみませんか?

安室親方も喜んで提供してくれますよ。 






今年は寒さが一層厳しいですね。
冬将軍はまだまだこれから・・・

その分、蔵元も気合MAXで醸しております。


今後もなかなか更新出来ませんが、その分 『蒸の匂いを求めて・・・』おります。


また落ち着いたら紹介しますね。  










関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。