スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼酎紀行 in鹿児島

本格焼酎レポ  今回は鹿児島編デス!




鹿児島といえば・・・

SANY1841.jpg  ←桜島ですタイっ!

薩摩隼人が愛する 活火山。。。
地元の皆様は、それぞれが一番好きな、桜島の眺める方向(拘り)があるみたいです。
自分は、宮崎から車をフェリーに乗せて、船から見る雄大な桜島(景色)に感動します・・・ 

『火山灰注意報』を始めとする火山灰ネタには、火山に全く縁のない東北人にとって、刺激的な話・・・
鹿児島の人は、桜島と共に密着した生活を送っている事を実感させられます。。。




まずは、『うなぎ』 『むかしむかし』醸造元 丸西酒造の御紹介デス。
丸西焼酎

大隅半島・志布志湾エリアにある、小さな小さな蔵元。。。
蔵の裏では、地元で盛んに養殖されている『うなぎ』の養殖池に酸素を送る水車が、
水しぶきをあげて、回っております。

鹿児島は、東北とは全く逆の気候ではありますが、地下水&温泉が豊富で、
周りの環境で身近に感じる部分が多々あり、妙に・・・落ち着く独特の雰囲気があります。
東北人は、鹿児島の風土に馴染みやすいですヨ。

丸西酒造さんも、地元に密着した 日々の晩酌(お湯割り)に愛される、優しい味わいの焼酎です。

丸西① 丸西②
白麹を基本に、甕壷でゆっくりと時間を掛け、常圧で蒸留。。。

一度口に含むと、蒸芋の様なやわらかな香りと甘味に癒されますよ!
特に、焼酎本来のポテンシャルを引き出す、『お湯割り』がオススメ!
P1000802.jpg 左から、『うなぎ・赤』 『むかしむかし』 『うなぎ・白』

そして、『うなぎラベル』は蔵近くにある、知的障害者福祉作業所 "eすぺーす"作業生の皆さんが
牛乳パックの完全手漉き和紙ラベルの製作から関わっている、愛情の一本!

心温まる、笑顔いっぱいの芋焼酎です! 









次は、思いっきり南下!
珊瑚が隆起した島、『喜界島』へ移動です ♪

SANY0926.jpg SANY0955.jpg 
南国情緒たっぷりです。。。

喜界島も、鹿児島県なのですヨ。
喜界島map 
『皆既日食』の島で名前は聞いた事があるのでは?

周りが海っ!『島時間』と言われる、ゆっくりとした空気が流れ、信号機がわずか1基(笑)。
じっくりと読んでみたい本があれば、最高に贅沢な読書が出来ますヨ!

そしてここには、最高の『黒糖焼酎』があります。。。

『黒糖焼酎を通して喜界島を伝える』 『朝日』醸造元 朝日酒造の御案内です♪
SANY0879.jpg ←この写真は熟成庫デス

サトウキビ→黒糖→黒糖焼酎 という過程がある中で、朝日酒造は一貫造りを目指してます。
『黒糖焼酎を通して喜界島を伝える』というメッセージをより強くする為にも、妥協を許さず、
真剣に焼酎造りと向き合っております。

黒糖の話も、歴史の背景や流通に至るまで、話せばかなり長い話になるので割愛しますが、
一つ言うのであれば、朝日は原材料に対するクオリティーも他社とは比べ物になりません・・・
馬台 圧搾①
ジュース 2番釜
撹拌機 型入れ冷却
ここまでの作業だけでも、本当大変!!

もちろん、搾ったサトウキビは畑に戻し、一つのサイクルで繋がっております。
バカス バカス畑へ


『醸は農なり』という言葉がありますが、黒糖焼酎・朝日は、風土が育む 喜界島の恵みなのです。
P1000803.jpg
左から、朝日30度・朝日壱乃醸・黒潮・南の島の貴婦人・
                   日陽る國の銘酒・たかたろう・朝日飛乃流・朝日25度


喜禎氏が中心となり醸した『朝日』は、”喜界島の風”となり全国へ飛び立ちます 

SANY1928.jpg 真剣な眼差しの喜禎氏。。。

発酵も旺盛。。。     SANY1905.jpg


SANY0893.jpg そして熟成。。。


お互いに距離はあっても、蔵元からタイムリーな情報や、喜界島の事を書き綴る
『黒糖焼酎☆朝日 ブログ』があります。  【BLOG】コチラカラドーゾ

喜界島を知ってほしい熱い気持ちが伝わるブログですヨ!


是非覗いてみて下さいね~ 



これにて、鹿児島編は終了!
次回は、火の国・熊本編です~




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。