スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼酎紀行 in宮崎①

以前連絡していた、焼酎紀行。。。
やっと紹介デス。 

前回報告した、広島・竹鶴酒造の呑み切り会前に、本格焼酎でお世話になっている蔵元巡りをしておりました。
今回お邪魔出来なかった蔵元様もありますが、各県でお付き合い頂いている蔵元様の御紹介という形で
報告しますね。
まずは自分の中で、九州の玄関口となっている県である、宮崎から御紹介します~

P1010375.jpg 1.jpg仙台から大阪伊丹経由で約2時間半で到着♪
到着後は早速レンタカー屋さんへ移動。


今回は、宮崎空港から一番近い蔵元である、『赤江』『姫豊玉』etc醸造元・落合酒造の御案内デス!
SANY1026.jpg SANY1011.jpg

更なる良質な水を求め、新しく鏡洲へ移動しました。
最初ナビを頼りに伺った際、以前の場所で登録されていた為、到着しても誰も居なかった事を思い出します

宮崎は他県とは違って、独特の焼酎文化があります。
例えば本格焼酎の原料・・・
基本、でんぷん質を含む穀物であれば、何でも焼酎にする事が出来ます。
宮崎は、芋以外にもバラエティーに富んだ種類(ピーマン・カボチャ・ニンジン・生姜etc)の本格焼酎があり、
落合酒造の代表である落合一平氏も、様々な穀物を使った焼酎造りに挑戦する、研究熱心な方です。
(つい最近リリースした面白い焼酎は『ブドウ』です)
SANY1631.jpg 2次仕込み中のタンクにて 落合氏。


そして自分が一番好きな所は、蒸留方法が素材本来の味わいを引き出す、『常圧蒸留』である事。
芋焼酎に関しても、様々な種類に挑戦し、常圧蒸留にてそれぞれの旨味を引き出した、
個性豊かな味わいの芋焼酎です。

例えば・・・
SANY1005.jpg SANY1006.jpg SANY1007.jpg
ポリフェノールの高い『紫優(ムラサキマサリ)』 やさしい甘味の『黄金千貫』   βカロチン&植物繊維の豊富な『ジェイレッド』

お芋の色によって、それぞれ違ってきます。。。
SANY1654.jpg ←写真の芋は『ムラサキマサリ』 (周りの白く浮き出てきているのが”でんぷん”)

それぞれの芋の種類によって、香りも味わいも個性的 
ロックよりもお湯割りで、飲み比べてみるのもデス!

本格焼酎の新しい可能性に、常に前を向き挑戦している落合氏に、これからも目が離せませんっ!

当店のオススメ焼酎達です
P1000779.jpg
左から 赤江(ムラサキマサリ) 黒雲雀(黄金千貫) 姫豊玉(ジェイレッド) 尾鈴葡萄(ブドウ焼酎)




話は変わりますが・・・

宮崎県民のソウルフード!?である『肉巻きおにぎり』
2
あまりのB級っぷりに感動しましたが、仙台でもお店が出来始め、普段から食べられる様になりました・・・
つい最近、国分町にもOPENしたので、〆めの炭水化物系な方にはもってこいですよ~








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。