スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純米の芽

いつもお世話になっている、兵庫・播州の全量純米蔵 『奥播磨』 醸造元、
下村酒造店・蔵人 荒木氏が急遽来仙し、恒例である、アポ無しの夜のお散歩・・・となりました。

その前に・・・奥播磨とは!?

『手造りに秀でる技はなし』 をモットーに、”お酒は米で造られる・・・”事を、素直に感じさせてくれる蔵元。
特に、海外の友達も大好きなオサケです。  実際、一緒に蔵元へ行ったテキサス娘もいたなぁ・・・(懐)

『お酒って米で造られるんでしょ?、何でフルーツの香りがするの!?』

その娘の一番印象に残る言葉でした・・・   
お酒は嗜好品であり、冷たくして吟醸香を楽しむオサケもあれば、香りよりも味わい深いオサケもある。
様々な個性を持った日本酒がある中で、先入観のない素直な意見でした・・・

『米が原料の日本酒。。。それを素直に感じるお酒を飲みたい・・・』
その時に、間髪入れずに薦めたお酒が奥播磨のであり、
それ以降、彼女はすっかりファンになってしまった次第です。 ニヤリ


今年もお邪魔しました・・・ 
P1000867_convert_20100803232735.jpg

この日は最後の上槽でした。
P1000839_convert_20100803233211.jpg ←今回仙台にお越し頂いた、荒木さん 

そして、恒例のお楽しみ~ ♪
P1000847_convert_20100803233548.jpg 今年もバッチリ利き酒してきましたYO! 
蔵元の詳しい内容は【HP】にて。

 
という事で、ここからが本文。(長っ

まずは、奥播磨をこよなく愛する飲食店、文化横丁『たかやま酒場』さんへ
P1000650.jpg P1000646.jpg ←定番人気の定義山ピザとデス!

カウンターしかない、横丁の小さなお店ですが、店主の高山氏は、人当たりのやさしい、和やかなマスター。。。
『心に灯りを 酒場に愛を』 をモットーに、モダンで落ち着いた雰囲気&空間に、思わず長居してしまうお店です
女性のお客様が非常に多く、一人でも気楽に入れるお店です。 是非覗いてみて下さい。
詳しい内容は【こちら】で。
P1000649.jpg ←左:高山氏 右:荒木氏

実は、マスターと自分は同じ歳! 『しん』も『俺の花道』も同じ年代・・・ (笑)
これからも、同志として一緒に頑張りましょう!

たかやま酒場
仙台市青葉区一番町2-3-38
022-265-9604
17:30~24:00
定休:日曜



そして2件目は、『大町・つるかめ』さんへ
P1000652.jpg
これからも、沢山登場する(?)と思われる、かなり面白い居酒屋さんです。。。
またまた長くなってしまうので、今回は紹介だけにしておきます。(笑)
実はこのビルの2階が、前回紹介したイタリアン 【パスタフレスカ】なんですっ!
1F『つるかめ』 2F『パスタフレスカ』と純米ビルが出来ました・・・  

本町もかなりアツイです!

居酒屋 つるかめ
仙台市青葉区本町2-9-2
022-225-2361
11:30~13:30 ランチ
17:00~24:00 夜
定休:日曜


※場所はどちらも、当リンク『酒坊主飲食店MAP』にて確認出来ます











そして遂に・・・ 

P1000672.jpg P1000673.jpg P1000671.jpg

復活します  (Coming Soon!)







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。