スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和食堂 さぶら OPEN!!

水温む弥生3月!

日没も長くなり、甑倒しを行った蔵元もチラホラと・・・
25BYの酒造りも終盤となり、寂しい思いでイッパイですが、嬉しいNEWSも! 

ご存知 『FUMO14番地』 『居酒屋つるかめ』 『二日町もみじ

それぞれ明確なコンセプトと、その個性を輝かせる ㈱藤田製作所の4号店目が誕生!


その名は 【和食堂 さぶら】と申します!

IMG_20140224_214241.jpg  



仙台駅西口 『仙台銀座』の一角に構える、モダンな店構え。。。

IMG_20140224_214627.jpg

入るとすぐ サクッと 立ち飲み出来る『角打ち』と、落ち着いた雰囲気のカウンターが・・・ 

IMG_20140224_210146.jpg カウンターは1枚板で立派!

そして、2階は大人数でも対応できる、テーブル&座敷&個室が御座います。

『もみじ』さんでご存知の通り、空間造りのセンスはピカいち!
そして料理も、調味料からこだわった最高のクォリティー イェイ!

IMG_20140224_211055.jpgIMG_20140224_211535.jpgIMG_20140224_214821.jpg
IMG_20140224_220206.jpgIMG_20140224_224158.jpgIMG_20140224_224057.jpg

だからこそ引き立たせる、純米酒のセレクトは真剣デス!

IMG_20140214_203554.jpgIMG_20140224_211008.jpg

最高の料理とオサケが、皆様を雄町しております。

今まで培った、ひと手間加えたオサケの提案は、変わらない重要なポイント
純米酒のお燗はモチロンの事、今回は【本格焼酎】にも力を入れております。

美味しい【お湯割り】 そして、米焼酎の本場 球磨焼酎の【直燗(ジキカン)】が愉しめマス

kuma.jpg gara.jpg

【ガラ(右)】と【チョク(左)】と云う、専用の酒器にて、球磨焼酎(米焼酎)を炭火にて直接温め、
ストレートに濃縮した米の旨味と余韻を愉しむ、唯一無二な飲み方。。。 

一度温めた球磨焼酎を、ロックグラスに注ぐ 【燗ロック】は、非常にマイルドで 女性に大人気です

『和食堂さぶら』でしか愉しめない、新たな提案・・・  是非お試し下さいませ。


モダンで落ち着いた雰囲気は、女性1人でも愉しめる、素敵な空間。。。

IMG_20140224_212918.jpg 神亀のお燗は、また特別な酒器で。。。ニヤリ


そして、店名の『さぶら』は候う(サブラ)と云う意、
お客様に対する『おもてなし』の心。

美味しい料理とオサケは、心と心を繋ぐサービスによって開花。

IMG_20140224_234521.jpg

藤田社長を中心とした、最強のチームワークこそが、最高の財産なのです。
石川さん、桑ちゃん、藤田社長、川村料理長 これからも、仙台の飲食シーンを盛り上げて参りましょう!


仙台の新たな灯火 皆様御贔屓に。

sabura.jpg











関連記事
スポンサーサイト
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。