スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24BY忘備録。(東日本編)

いよいよ神無月。
紅葉前線も南下中。

日本酒も遂に新酒(25BY)の便りが・・・
東北の蔵は続々と甑起こしが始まっております。

今回は24BYにお邪魔した、蔵元訪問記最終章。
スタートは真夏の青森から・・・  

P1050773.jpg P1050784.jpg

青森・弘前の若きホープ。
津軽杜氏至上最年少 【安達香】氏が醸す、『六根』醸造元 齋藤酒造店。
弘前の厳しい環境から生まれる、低温で発酵管理された、柔らかな米の旨味。
津軽の頑固な気質が、酒質に対し妥協しない造り。。。
その反面、各酒に宝石の名前を冠にしたLovelyなギャップが素敵です。



IMG_20130609_172508.jpg IMG_20130609_173422.jpg IMG_20130609_171545.jpg

宮城の隠れた銘酒 『門傳』『坤輿』醸造元 門伝醸造。
地元密着で、酒造組合にも加盟せず、ひっそり・・・ と流通しておりました。
完全無農薬、特別栽培米の ササニシキ ヒトメボレ ミルキークイーン を栽培。
門伝社長は、ほとんど田んぼの毎日
無人の蔵元には、ワンちゃんがしっかりとお留守番。
今では数少ない水車と田園風景に、古き良き日本の風景を思い出させマス。








P1060450.jpg 『春霞』醸造元 栗林酒造店の裏庭

ここから、厳冬の東北酒蔵ツアー 
一番記憶に残ったのは、アイマスクマンと共に巡った、秋田3蔵日帰り弾丸ツアー

IMG_20130224_063606.jpg 爆睡中のアイマスクマン

大雪の為、通行止め寸前の秋田道・・・
久しぶりのホワイトアウトの連続と3メートルの雪壁。。。

IMG_20130224_063720.jpg 久しぶりのハードなドライブでした

しかし蔵元の門を潜ると、緊張感のある凛とした空気と、蒸しの匂いで脳細胞が活性化・・・
やはりどんな状況でも、アサイチから伺わないと・・・ですね♪
IMG_20130224_092954.jpg アイマスクマンもタケ君へ変身

P1060425.jpg P1060432.jpg

『春霞』醸造元、栗林酒造店。
日本名水百選に選ばれた、美郷の仕込み水(軟水)から醸される、穏やかで柔らかな口当たり。
口に含むと思わず笑顔。 栗林らしく、大雪の裏庭には沢山の栗の木。
麹米も蒸栗の様な特有の香りに、タケ君も思わず ニヤリ です。


P1060454.jpg P1060461.jpg

かまくらの里 横手に蔵を構える、『阿櫻』醸造元 阿桜酒造。
蔵の入り口にこさえた、巨大なかまくらにビックリ!
山内杜氏の重鎮、照井杜氏の 物腰柔らかい口調の中に、様々な経験から醸されたオーラを感じ、
常に新しいチャレンジを試みる蔵元の要望に対し、しっかりと結果を出す杜氏の力量と責任。
そして、昔ながらの杜氏を中心とした酒造りの素晴らしさを感じました。

P1060475.jpg P1060486.jpg

革新的な醸造設備を整え、温故知新の酒造り 『まんさくの花』醸造元 日の丸醸造。
止め処なく湧き出る豊富な地下水、外気はマイナスの世界でも、程よく旨味のある柔らかな口当たり。
名水ある処に銘酒あり・・・  奥深い雪に囲まれながら、雪解けまでじっくり醪と向き合っております。




そして、24BYは沢山の料飲店様と、蔵元訪問&酒造りを行いました。
1人旅が2人3人へと・・・
料理とお酒に真剣に向き合い、そしてお客様へ最高のサービスを。
その為に、自分達が出来る最高のパフォーマンスを表現するProfessionalでありたい。
閉店後一睡もせず蔵元へ。。。 体力的にも大変な事。

何故蔵元へ足を運ぶのか・・・
理屈なんていらない、それを凌駕する理由はここにある。


youhei.jpg

我が宮城の誇る 純米の貴公子 『萩の鶴』『日輪田』醸造元 萩野酒造。
曜平杜氏の見つめる先は・・・

P1060736.jpg P1060744.jpg

宮城の誇る食中酒として、自信を持って提供する仲間達と共に。。。
25BYも期待して。

IMG_20130120_100258.jpg P1060749.jpg

共に訪問した
『えぇ居酒屋おじいちゃんと呼ばないで』我妻氏
『白雪』斉藤氏
『純米酒とワイン曽良』沢田氏
『もみじ』スタッフの皆様       燗謝!

ヨウヘイ杜氏 いつも有難う御座居マス




福島・請戸から山形・長井で奇跡の復活!
本来あるべく地酒の大切さ、地域に根付いた酒造りの姿勢は忘れず、
米本来の旨味を発酵の力で・・・ そして熟成へ・・・

海の男酒の心意気 灯火は決して消えない

『磐城壽』醸造元 鈴木酒造店長井蔵 での酒造り。

P1060758.jpg P1060558.jpg P1060238.jpg

アサイチからの入蔵、体験ではなく蔵人へ。
妥協は一切無しで、五感で真剣に米と向き合う事。 それが一番大事

P1060815.jpgP1060240.jpgP1060582.jpg

『炭火 松』苅谷氏
『和醸良酒 〇たけ』石山氏
『やきとり五つぼ』小枝氏
『最強のサポーター』菅原氏
『居酒屋つるかめ』スタッフの皆様

そして、大介杜氏&荘司君 に燗謝! 




最後に、怒涛の関東ツアー 


中華料理と純米酒のマリアージュと云う、明確なコンセプト。

完全発酵によって生まれ、熟成と云う時空を越えた、琥珀色の液体。
お燗という魔法で、劇的に変化 中華料理と鉄板の相性は
美味しいものを口にする心の豊かさを、今までに無い提案で提供する。

『本格酒処 シマウマ酒店』

現場を知らずして、店を構える事なかれ
虎穴に入らずんば虎子を得ず。。。

全量純米酒のパイオニア 『神亀』醸造元 埼玉 神亀酒造。 
酒造りは米造りから 『いづみ橋』醸造元 神奈川 泉橋酒造。
食中酒としての純米酒の可能性 『昇龍蓬莱』醸造元 神奈川 大矢孝酒造。

井戸沼社長&真壁デレクターと共に、蒸しの匂いを求め、造り手の魂に触れる
全量純米酒蔵 3蔵を巡る、大人の修学旅行。 

P1060324.jpg P1060335.jpg P1060355.jpg 

sinkame.jpgP1060338.jpgIMG_20130211_075816.jpg

神亀酒造では、東京から
『Bar Ponte』橋爪氏 も参加。ニヤリ


ゼロから一杯目の純米酒(燗)。。。

蔵元の魂に触れた料飲店の皆様は、他店にない個性をサービスに、その先のお客様へ。。。

皆様、是非足を運んでみて下さいね



共に語り、共に動いた 24BY。
25BYも、『蒸し匂いを求めて。。。』彷徨います♪ 



 





関連記事
スポンサーサイト
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。