スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Borderless(純米に国境はなし)

純米酒はその名の通り、米で醸されたお酒。。。

故に・・・

お酒を温める(燗酒)=温かい御飯 

温かい御飯に合わない料理って・・・?


日本人の食文化は、米が中心です。
小さい頃から慣れ親しんだ主食であり、真っ当な純米酒の燗は、どんな料理とも相性良く合うと
自分では思っております。 


純米酒もワインも、同じ醸造酒。
微生物の力で、健全に完全発酵させた純米酒には、旨味以外にも
『苦味』『渋味』『酸味』などを感じます。
一見嫌われがちな味覚に感じるかもしれないけど、料理と一緒に口にすれば
その料理と掛け算の様に、抜群の相性を見せます。
そして、この様な純米酒、『熟成』する事によって、更に進化していきます。。。

これって、と似てますよね。 


今日の紹介するお店は、イタリアンと純米酒のコラボを提供してくれる店。
その名も
『Pastafresca(パスタフレスカ)』です 

P1000463.jpg ←真剣に試飲中。。。

オーナーの達久(ダテキュー)君は、去年行った7名の飲食店による燗酒の会で、ドルチェ担当で登場してくれた方。
彼のイタリアンは、独創性のある感性豊かな創作料理で、非常に美味しいです。 
彼と自分のイメージに、純米酒とイタリアンのマリアージュが出来上がり、今回満を持しての試飲です。


ワイングラスと平盃を用意し、常温と燗の飲み比べ。
そして、そのまま放置プレー後の飲み比べ。。。 (爆)
P1000465.jpg 非常に楽しい試飲会でした。  ムフフ・・・




そして選ばれた、お気に入りの純米酒は・・・







P1000490.jpg 左:日輪田・山廃純米  右:キモトのどぶ  でした!

イタリアンやフレンチで、日本酒を取り入れている店は何件かありますが、スッキリ系やフルーティー系のタイプがほとんど・・・
でも、野太い酸を持つ、キモトや山廃の常温~燗を、彼の創作イタリアンとマリアージュすると。。。    ヨダレガ・・・
想像通りの、期待を裏切らない抜群の相性デス!
 

とにかく・・・

『百聞は一口に如かず?』  ですね♪

お酒は嗜好品であり、セオリーは無し、
『純米酒に国境は無し』デス。
 

今までに無い、イタリアンと純米酒の出会い・・・
仙台に一石を投じるお店です。
是非足を運んでみてください~ 



pastafresca (パスタフレスカ)
仙台市青葉区本町2-9-2 2F
022-714-2339
11:30~14:00 ランチタイム
17:30~21:00 ディナータイム
定休:日曜祝日


※詳しい場所は、当ブログにリンクしてある
【酒坊主・飲食店MAP】←Click にて御確認下さいませ。 




関連記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。